ホーム

サトレストランシステムズ株式会社

コーポレートガバナンス

会社案内

コーポレートガバナンスに対する基本的な考え方

当社グループは「最も顧客に信頼されるレストランの実現」を経営方針とし、適正な利益を確保しながら、人々の豊かさの実現に寄与するとともに、株主様、お客様、従業員、お取引先、地域社会等、すべてのステークホルダーとの良好な関係を維持しながら、持続的な成長、および中長期的な企業価値向上を実現するため、公正で透明性の高いコーポレートガバナンス体制の充実に努めてまいります。

サトレストランシステムズのコーポレートガバナンス体制

サトレストランシステムズのコーポレートガバナンス体制

内部統制システムに関する基本的な考え方

事業活動が有効かつ効率的に行われ、財務報告の信頼性を確保し、コンプライアンスを重視した経営をするための内部統制システムは、当社の経営目標・戦略を達成するためのしくみであるだけでなく、当社の企業価値を高め、競争を勝ち抜き、存続し続けるために必要不可欠なしくみであると認識しています。
このような基本的な考え方のもと、当社の業務の適正を確保するために必要な内部統制システムの整備に関して取締役会で決議し、今後とも継続的にその実効性を高めるとともに、より強固な体制とすべく整備を図ります。

コンプライアンスに関する考え方

当社は、コンプライアンス全体を統括する組織として「コンプライアンス委員会」を設置しています。法令・定款の遵守はもとより、当社のフィロソフィー・経営理念に基づいて制定した「企業倫理憲章」遵守の実効性を高め、企業文化として根付かせるために「役員倫理規範」と「従業員規範」を制定し、手引書の発行や各種研修において指導するなど、周知徹底に努めています。
また、従業員がコンプライアンスの観点から判断に迷った場合や不正行為を発見した場合などのヘルプライン(相談窓口)を設け、問題の解決を図るとともに、相談者や通報者の秘密を保持し不利益な取り扱いをされないように運用しています。グループ会社においても、経営理念を共有し同様の取り組みを行っています。

リスクマネジメントについて

当社及び当社子会社は、分野ごとに発生可能性のあるリスクの洗い出しに努めるとともに、想定されるリスクについて、各社社内規定に則った部門責任者による自律的管理を行っております。
とりわけ重要なコンプライアンス、品質保証、環境保全などについては委員会を設置し、全社横断的な管理体制を構築しています。