ホーム

サトレストランシステムズ株式会社

沿革

会社案内

1958年(昭和33年)11月 法善寺すし半開業
1968年(昭和43年)8月 「株式会社尼崎すし半本店」を兵庫県尼崎市に設立(実質上の存続会社の設立)
1968年(昭和43年)11月 第1号店である尼崎本店を兵庫県尼崎市に開店
1969年(昭和44年)12月 大阪市淀川区に本社兼工場を開設
1970年(昭和45年)1月 恒栄フード・サービス株式会社に商号を変更
本社を大阪市淀川区に移転し工場を新設
1974年(昭和49年)7月 商号を「株式会社サト」に変更
1978年(昭和53年)7月 洋食店第1号店を兵庫県加古川市に開店
1979年(昭和54年)3月 関東地区第1号店(洋食店)を神奈川県相模原市に開店
1979年(昭和54年)7月 中部地区第1号店(洋食店)を愛知県長久手市に開店
1979年(昭和54年)9月 店舗数100店舗を達成
1982年(昭和57年)6月 大阪府堺市に工場部門を移転
1984年(昭和59年)3月 株式を大阪証券取引所市場第二部に上場
1984年(昭和59年)9月 子会社サト運輸株式会社を設立
1985年(昭和60年)1月 現「和食さと」の原型となる郊外型和食第1号店を奈良県橿原市に開店
1987年(昭和62年)8月 神奈川県相模原市に関東配送センターを新設
1988年(昭和63年)9月 子会社株式会社芳醇を設立し居酒屋事業へ進出
1989年(平成元年)8月 株式会社芳醇の株式を100%取得
1989年(平成元年)9月 株式を大阪証券取引所市場第一部に指定上場
1990年(平成2年)7月 子会社スペースサプライ株式会社を設立
1990年(平成2年)7月 店舗数200店舗を達成
1991年(平成3年)3月 株式会社スインビー・フーズを買収し酒類販売業に進出
1993年(平成5年)11月 低価格郊外和食業態「和食さと」の実験を開始
1993年(平成5年)11月 創業社長 重里進 逝去
重里欣孝 社長就任
1996年(平成8年)4月 子会社株式会社芳醇を吸収合併
1997年(平成9年)3月 子会社株式会社スインビー・フーズを清算
1998年(平成10年)10月 商号を「サトレストランシステムズ株式会社」に変更
2000年(平成12年)2月 食の安全・安心に関し「安心宣言」をメニュー上で公表
2002年(平成14年)2月 洋食店から和食店への業態転換を完了し和食業態に一本化
2003年(平成15年)2月 工場部門がISO9001認定工場(冷食室)の認証取得
2006年(平成18年)3月 本社を大阪府堺市(工場部門と同一敷地内)に移転
2006年(平成18年)11月 法善寺MEOUTOビルをリニューアルオープン
2008年(平成20年)2月 中国上海に子会社上海莎都餐飲管理有限公司を設立
2008年(平成20年)9月 子会社サト運輸株式会社を清算
2009年(平成21年)3月 キッザニア甲子園に「すし屋」パビリオンを出展
2009年(平成21年)6月 しゃぶしゃぶ食べ放題「さとしゃぶ」販売開始
2010年(平成22年)8月 子会社上海莎都餐飲管理有限公司の出資持分の81%を譲渡
2010年(平成22年)10月 サト・アークランドフードサービス株式会社を設立
2010年(平成22年)10月 台湾第1号店を開店【統一上都股份有限公司】
2010年(平成22年)11月 「かつや」第1号店を堺市西区に開店【サト・アークランドフードサービス株式会社】
2012年(平成24年)6月 「CSR報告書」初版を発行
2012年(平成24年)8月 「天丼・天ぷら本舗 さん天」第1号店を大阪市住吉区に開店
2012年(平成24年)10月 自社製造・加工食材をアウトソーシング化し工場部門を閉鎖
2012年(平成24年)10月 物流事務所を大阪市住吉区に開設
2012年(平成24年)11月 本社を大阪市中央区に移転
2013年(平成25年)7月 株式会社フーズネットの発行済み株式を100%取得
2013年(平成25年)7月 東証・大証統合により東京証券取引所市場第一部に上場
2013年(平成25年)9月 インドネシア第1号店を開店 【PT.INDOSATO JAYA MAKMUR】
2014年(平成26年)10月 タイ第1号店を開店 【Nippon Tei Sato Co., Ltd.】
2016年(平成28年)2月 統一上都股份有限公司を完全子会社化(社名を台湾上都餐飲股份有限公司に変更)
2016年(平成28年)9月 株式会社 宮本むなしの発行済み株式を100%取得