ホーム

サトレストランシステムズ株式会社

2017年3月期実績

IR情報

ハイライト

7期連続増収

売上高:433億54百万円 8.2%増 +3,293百万円増(前期比)

M&Aによる増収(宮本むなしの9月~3月の売上高約19億円)
新規出店による増収

営業利益 4億05百万円 前期比 ▲136百万円 25.1%減
経常利益 4億16百万円 前期比 +55百万円 15.3%増

宮本むなしM&Aのアドバイザリー費用等により営業利益は減益
昨年末からの円安の影響による為替差益で、経常利益は増益

親会社株主に帰属する当期純利益 ▲2億34百万円 前期比 ▲240百万円 

営業店舗の減損、海外合弁会社への出資評価損、すし半譲渡に伴う従業員への一時金支払いなどにより特別損失が発生

国内外グループ総店舗数 合計445店舗
国内店舗数(直営) 合計398店舗
和食さと
202店舗
すし半
13店舗
天丼・天ぷら本舗 さん天
39店舗
夫婦善哉
1店舗
活魚廻転寿司 にぎり長次郎
53店舗
廻転寿司 京都 CHOJIRO
4店舗
京寿司 都人
1店舗
出前寿司 にぎり忠次郎
6店舗
めしや 宮本むなし
62店舗
かつや
17店舗
国内店舗数(FC) 合計41店舗
天丼・天ぷら本舗 さん天
1店舗
京寿司 都人
14店舗
めしや 宮本むなし
7店舗
かつや
19店舗
海外店舗数(直営および海外JV) 合計6店舗
台湾
2店舗
インドネシア
2店舗
タイ
2店舗

※すし半は2017年4月1日より、株式会社梅の花の傘下となりました。

出店状況

出店数は計画未達となったが、M&Aによる「宮本むなし」69店舗の取得もあり、店舗数は前期末比大幅に増加

前期末
店舗数
出店 退店 当期末
店舗数
計画 実績
和食さと 201 4 2 1 202
さん天 22 25(5) 18(1) - 40(1)
すし半(2017年4月譲渡) 14 - - 1 13
夫婦善哉 1 - - - 1
にぎり長次郎
CHOJIRO
53 6 4 - 57
にぎり忠次郎 6 - - - 6
都人 18(17) - - 3(3) 15(14)
宮本むなし(2016年9月取得) - - - - 69(7)
かつや 28(14) 11(6) 8(5) - 36(19)
海外店舗 6(5) - 1 1(1) 6(4)
グループ計 349(36) 46(11) 33(6) 6(4) 445(45)

( )はFC・のれん分け・海外合弁会社店舗数

損益計算書

5カ年推移

2013年3月期 2014年3月期 2015年3月期 2016年3月期 2017年3月期
金額 増減額
(増減%)
金額 増減額
(増減%)
金額 増減額
(増減%)
金額 増減額
(増減%)
金額 増減額
(増減%)
売上高 25,783 32,762 37,969 40,061 43,354
+414
(+1.6%)
+6,979
(+27.1%)
+5,206
(+15.9%)
+2,091
(+5.5%)
+3,293
(+8.2%)
営業
利益
655 888 1,183 542 405
△282
(△30%)
+233
(+35.5%)
+294
(+33.1%)
△641
(△54.2%)
△136
(△25.1%)
経常
利益
561 846 1,330 361 416
△235
(△29.5%)
+284
(+50.6%)
+483
(+57.2%)
△968
(△72.8%)
+55
(15.3%)

単位:百万円(連結)
増減額は対前年増減額、%は対前年増減比

貸借対照表

宮本むなしのM&A等により固定資産と負債が増加

2016年3月期末 2017年3月期末 増減
流動資産 10,765 10,906 +141
固定資産 17,053 20,449 +3,395
流動負債 7,352 7,592 +240
固定負債 5,936 9,565 +3,629
純資産 14,531 14,284 △246
総資産 27,820 31,443 +3,622

単位:百万円

キャッシュフロー計算書

2016年3月期 2017年3月期 増減
営業活動CF 1,261 1,637 +375
投資活動CF △1,579 △4,332 △2,753
財務活動CF 3,246 2,697 △549
現金及び現金同等物の
期末残高
8,616 8,532 △84

単位:百万円

既存店推移(和食さと)

2Q以降からの回復傾向が鮮明化
食べ放題の販売数増加により客単価が好調に推移

売上高 客数 客単価

掲載されている内容、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。