ホーム

サトレストランシステムズ株式会社

月次報告

IR情報

2015年3月期業績推移(月次前年比)単位:%

全店     和食
さと
既存店 にぎり
長次郎
既存店
売上高 売上高 客数 客単価 売上高 客数 客単価
4月 104.9   4月 102.1 102.1 100.0 4月 101.3 98.1 103.2
5月 104.4   5月 99.6 100.5 99.1 5月 104.4 99.6 104.8
6月 97.5   6月 92.1 93.8 98.2 6月 98.5 94.1 104.6
7月 103.7   7月 97.1 96.8 100.3 7月 103.9 98.7 105.2
8月 103.1   8月 98.1 96.4 101.7 8月 105.8 100.3 105.5
9月 101.1   9月 97.4 97.2 100.2 9月 101.4 98.4 103.1
上期 102.5   上期 97.7 97.7 100.0 上期 102.7 98.3 104.4
10月 102.1   10月 98.9 97.1 101.9 10月 99.6 96.0 103.7
11月 108.7   11月 104.4 101.5 102.9 11月 111.9 108.0 103.6
12月 102.5   12月 100.3 97.4 103.0 12月 100.5 98.8 101.7
1月 105.0   1月 101.3 98.2 103.2 1月 104.7 103.4 101.3
2月 111.4   2月 107.3 103.8 103.4 2月 109.7 110.2 99.5
3月 103.1   3月 100.6 97.5 103.2 3月 98.5 98.8 99.7
下期 105.2   下期 101.9 99.1 102.9 下期 103.7 102.2 101.5
通期 103.9   通期 99.8 98.4 101.5 通期 103.2 100.2 103.0

※全店売上高は、新店を含むグループ全業態の直営店全店売上高(FC・海外・本部売上除く)としております。
※既存店は、開店後15か月経過店舗を対象としております。
※客単価は、売上高/客数の単純割により算出しております。
※月次データは速報値ですので、後日修正する可能性があります。

グループ店舗数推移

グループ合計
店舗数
和食さと
業態
すし半
業態
さん天
業態
にぎり長次郎
業態
かつや
業態
宅配寿司
業態
海外
店舗
4月 311 197 13 6 51 18 23 3
5月 312 197 13 7 51 18 23 3
6月 312 197 13 7 51 18 23 3
7月 317 197 13 8 51 22 23 3
8月 317 197 13 8 51 22 23 3
9月 318 197 13 8 51 22 23 4
10月 320 197 13 9 51 22 23 5
11月 321 198 13 9 51 22 23 5
12月 322 198 13 9 51 23 23 5
1月 323 198 13 10 51 23 23 5
2月 327 198 13 12 52 23 23 6
3月 329 198 14 12 52 23 24 6

※店舗数には、FC店舗を含みます。

3月の概況

  • 3月度売上高前年比は、和食さと既存店100.6%、にぎり長次郎既存店98.5%
    売上高の影響と致しまして、前年度と比較した曜日の影響を約▲3%と見込んでおります。
  • グループ合計店舗数は、3月度に2店舗増加し累計19店舗の増加、合計グループ店舗数は329店舗

和食さとでは、3月26日に全店メニューを変更し、かつ丼、チーズインハンバーグ、ミルフィーユかつ等の新商品を導入致しました。また、しゃぶしゃぶ食べ放題「さとしゃぶプレミアムコース」の期間限定特別メニューとして、フォアグラメニューを販売し、好評を博しております。販売促進施策として、ブラックマヨネーズさんを起用した新CMの放送を開始した他、3月10日よりLINE@による販促活動を全店で開始し、会員数は3月末時点で14万人を突破致しました。
にぎり長次郎では、3月4日より、季節ならではの「桜鯛」や「筍」、活きの良い「大車海老」や「さわら」を使用した『春の華やぎ』メニューをスタートしました。3月31日からは、「筍」のにぎり寿司や「そら豆」のかき揚げなど、季節の野菜も取り入れた『春まっさかり』メニューをスタートし、積極的なキャンペーン展開を図りました。
グループ店舗数につきましては、3月1日に「和食鍋処すし半 大東店」(大阪府)、3月13日「出前寿司にぎり忠次郎 二条城北店」(京都府)をオープンしたことにより、2店舗の純増となりました。

2月の概況

  • 2月度の和食さとは売上高107.3%、客数、客単価は今期最高の値、にぎり長次郎は売上高109.7%、客数は今期最高ポイントであり、4Qも順調に推移
  • グループ合計店舗数は、2015年2月に4店舗増加、累計で17店舗増加となり、グループ合計店舗数は327店舗

和食さとでは、2月19日より、旬の筍を使用したフェアメニューの販売を開始致し、好評を博しております。2月27日には、「さとしゃぶ食べ放題がタイへ!!」と題したテレビ番組が放映され、関西地域を中心に反響を得ております。また、安城店(愛知)、名古屋西インター店(愛知)、メラード大和田店(大阪)、亀岡東店(京都)の改装を行いました。3月度につきましても、4店舗の改装を予定しております。
にぎり長次郎では、週末限定で「生本マグロ」を入荷し、最高級の味わいを自慢のにぎり寿司で提供することなどにより、売上高・客数ともに引き続き好調に推移致しました。
店舗数につきましては、2月4日に「天丼・天ぷら本舗さん天 高井田店」(大阪府)、2月13日に「活魚廻転寿司にぎり長次郎 朝霧店」(兵庫県)、2月15日に「鍋上都 金山店」(台湾)、2月27日に「天丼・天ぷら本舗さん天 泉佐野鶴原店」(大阪府)をオープンしたことにより、4店舗の純増となりました。

1月の概況

和食さとでは、1月22日より、苺を使用した季節限定のデザートメニューの販売を開始致しました。また、しゃぶしゃぶ食べ放題『さとしゃぶ』の販売数が前年比119%を達成し、売上高・客単価のアップに貢献致しました。
にぎり長次郎では、1月13日より、脂ののった肝が人気の「うまづらはぎ」や旨味たっぷりの「たら白子」を使用した『冬の美味づくし~祝い月~』メニューをスタートしました。また、テレビ番組に取り上げられたこと等により、売上高・客数ともに前年度を上回りました。
店舗数につきましては、1月6日に「天丼・天ぷら本舗 さん天草加松江店」(埼玉県)をオープンしたことにより、1店舗の純増となりました。

12月の概況

和食さとでは、12月18日より「冬の豪華特別メニュー」として、フォアグラや牛ステーキを使用した豪華な和膳を販売し、好評を博しました。売上高の影響と致しまして、前年と比較した曜日の影響を約▲1%と見込んでおります。
にぎり長次郎では、12月26日より、ボリュームのあるたらば蟹や、脂ののったぶりなどを使用した「冬の美味づくし~年末年始~」メニューを販売し、好評を博しました。
店舗数につきましては、12月22日に「かつや 東大阪瓢箪山店(FC)」をオープンしたことにより、1店舗の純増となりました。

11月の概況

和食さとでは、11月14日より「冬の特別和膳」を販売し、好評を博しました。また、毎年11月23日を「お客様感謝の日」と定めており、お客様の日頃のご愛顧に感謝し、全店にてさとしゃぶプレミアムコースを特別価格でご提供致しました。売上高への影響と致しまして、前年と比較して土曜日と日曜日が1日ずつ多かったことによる影響を約+5%と見込んでおります。
にぎり長次郎では、11月25日より、ずわい蟹や金目鯛、剣先いかなど使用した「冬の美味づくし~冬の始まり~」メニューをスタートさせました。売上高への影響と致しまして、上記と同様に曜日特性による影響を約+5%と見込んでおります。
店舗数につきましては、11月19日に「和食さと 刈谷店」(愛知県)をオープンしたことにより、1店舗の純増となりました。

10月の概況

和食さとでは、10月2日に全店メニュー変更を実施し、「日替わり麺定食」などの新商品の導入と季節商品の入れ替えを行いました。また、10月23日より、ずわいがにをたっぷり使用した「初冬フェアー」の販売を開始し、好評を博しております。売上高への影響と致しまして、台風18号・19号による影響を約▲4%と見込んでおります。
にぎり長次郎では、北海道産の北寄貝を使用した「秋まるかじり」、塩水うにやすじこを使用した「まっかな秋」などのキャンペーンを実施いたしました。売上高への影響と致しまして、上記と同様に台風による影響を約▲4%と見込んでおります。 店舗数につきましては、10月2日に「天丼・天ぷら本舗 さん天 巽北店」(大阪市生野区)、10月19日にタイ1号店となる「Washoku Sato J-Park店」をオープンしたことにより、2店舗の純増となりました。

掲載されている内容、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また掲載されている計画、目標などは様々なリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。